さまざまな形について

普段の宅配の時に押す、簡易なものから、重要な証明書などに押す場合と、印鑑は様々なところで、使用されています。

ところで、その印鑑にも形がいろいろあります。
長いものから、丸いもの、角型など、様々です。
その中で、よく使用されるのが、丸いものと、四角いものです。

四角い印鑑は、角印と言われて、別名、社印とも呼ばれています。
これは、領収書や請求書、見積書など、会社が発行した文書であることを示すためによく使われます。

そして、丸い印鑑、丸印は、契約所や、代表者名などと一緒に、捺印されるものに使われます。
また、他に、実印などもあり、印鑑登録されているものが多いです。
ちなみに、角印は、印鑑登録はされません。

丸印は、厳重に管理されるような印鑑が多く、角印は一般的な家庭でいう認印のようなものになります。
丸印は、実印などが多いので、重要な書類に使用され、また、角印は、頻繁に発行されるものや
それほど重要でない書類などに押される、実用的な印鑑が多いです。

また、形が違うのは、角印は単純に、丸印は簡単に、間違って押すことがないようにも出来ています。

ただ、形が違うだけでなく、その用途もそれぞれ違った意味になるのが印鑑の形です。

HOME